2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中欧旅行記②ブラチスラヴァ

どだなだず!

mikamismです。


ハンガリーのブダペストからチェコのプラハへ行く途中、
遠回りしてスロバキアのブラチスラヴァへ寄りましたv(o゚∀゚o)v



ちなみに、僕は今回がヨーロッパ初上陸だったので知らなかったんだけど、
トイレって有料がほとんどなんですね((((;゚Д゚)))))))



このあたりのドライブインは、トイレに行くために日本円で100円くらいのコインを入れて、
代わりにクーポン券みたいなやつが出てきて、それがお店で使える、みたいなことが多かったです。


なので、トイレが近い人は、コインを用意しておきましょう 笑
※重要(・Д・)ノ


さてさて、ブラチスラヴァですね。



まずは「ブラチスラヴァ城」を観光( ̄^ ̄)ゞ


ブラチスラヴァ城2



「ひっくり返したテーブル」と言われているように、
4本の塔が城の隅に立っております。


ブラチスラヴァ城から街を一望できるんだけど、
スロバキアはチェコスロバキア時代、共産国家だったため、
共産時代の、すべてが統一された同じような建物が羅列して残っており、
それに今の時代の建物が共存している、不思議な光景を見ることができます。

スロバキア市街

スロバキアならでは、ですね!



次に、旧市庁舎にあるミハエル門へ。


ミハエル門

あ、これちゃんと門です 笑

上の先まで撮ったら、肝心の「門」が写っておらず(´_ゝ`)



この街並みもキレイ。
※おっ、遠くに写っているのが、ミハエル門の「門」の部分です!


ブラチスラヴァ街並




街の奥へと進むと、クリスマスマーケットがo(^▽^)o


ブラチスラヴァCM




さらに進むと、マンホールに入っている人がおるΣ(ω |||)


A MAN AT WORK


その上には、「MAN AT WORK」の文字が。


こういう銅像的な動かないパフォーマンスをやっている人が、ヨーロッパでは多いため、
人かなぁと思ったけど、これはブラチスラヴァでは有名な銅像であり、
このヘルメットに触ると、お金持ちになれる、とのことで、
観光客はみんな頭を触ってました(´∀`σ)σ


どうりで、人だかりができているワケだ 笑



もちろん僕も触ったので、お金持ちになったらお礼に行きたいと思います 笑




小さい街だけど、オペラ座なんかもあります。


ブラチスラヴァオペラ座



昼食をいただいて、ブラチスラヴァは終了!



滞在時間が短かったので、あまり散策できなかったけど、
キレイな街でした。



ここからバスで5時間かけて、チェコのプラハへ!!


ちなみに、ユーロに加入している国であれば、
国境を超える際に、基本的には審査はないようで、
すんなり国境を超えることができました。
※注意点として、写真は撮ってはいけないようです。


さあ、次はいよいよプラハです!



次回へ続く!
[ 2015/12/14 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

中欧旅行記①ブダペスト

どだなだず!

お久しぶりです。mikamismですヽ( ´_`)丿


先日、嫁とハニームーンといふやつで、
中欧へ行ってきたので、旅行記でも書いてみようと思います(・Д・)


行先は、
・ハンガリーのブダペスト
・スロバキアのブラチスラヴァ
・チェコのプラハ、チェスキー・クルムロフ
・オーストリアのウィーン
です。


では、さっそくブダペストから行ってみよー(´ω`人)


そもそも知らなかったんだけど、
ブダペストは中欧最大の都市なんだそうで(゚д゚)


まずは早朝に、富裕層の多く住んでいるという、
「ゲレルトの丘」からブダペストの街を一望するゼ!!



ゲレルトの丘





うーむ(´・_・`)







霧であまり見えない。。。


ハンガリーには、「霧の11月」という言葉もあるようで、
秋から冬にかけては、霧に覆われることがしばしば。


うん、この時期のハンガリーっぽいということで、
良しとしよう(゚∀゚)



晴れていれば、ドナウ川に架かっている「くさり橋」を中心に、
西側に「漁夫の砦」、東側にブダペスト市街を一望できる絶景ポイントのようです。
※ここからの眺めが、世界遺産に登録されてます!!



さて、霧が晴れることを祈りながら、
「聖イシュトバン大聖堂」へ。



聖イシュトバン大聖堂1


おぉ!


聖イシュトバン大聖堂2



すげぇゼ!(;゜0゜)



入口にある、樫の木で作られた巨大な正門は、
ローマ法王以外開くことができないとのこと。


中に入り、天井を見上げると、


聖イシュトバン大聖堂3


え?なにこれ??
ファイナルファンタジー??


と一瞬思ってしまいました 笑


ファイナルファンタジー



ちなみに夜には、


聖イシュトバン大聖堂夜


教会の前でクリスマスマーケットが開催されており、
この教会にプロジェクションマッピングが映されます!!!


添乗員さんもプロジェクションマッピングやってるのは知らなかったって言ってたので、
ここ数年で始まったのかな?(-∀-)?




おっと、話が逸れちゃいましたが、
「聖イシュトバン大聖堂」の後は、ハンガリー伝統の「カロチャ刺繍」の見学を挟んで、「漁夫の砦」へ。



なぜ、「漁夫の砦」という名前なのか?


というと、戦争があった時、それぞれの職業の人たちが守るべき場所があり、
この場所を、ドナウ川の漁師組合が守っていた、というのが有力な説のようです(・ω・)



ここからも、ブダペストの街を一望できます。


漁夫の砦


ここも絶景!


そしてさらに、ここには「マーチャーシ教会」があります。



マーチャーシ教会



イタリア人の旅行者も多く担当するという現地のガイドさん曰く、
イタリア人は自分たちの教会がNo.1だと思っているので、
聖イシュトバン大聖堂でも「まぁまぁだね」という評価だけど、
このマーチャーシ教会にはみんな満足する。

理由としては、
14世紀にゴシック様式の教会として建設され、
16世紀にトルコに占領された時には、モスクに改修され、
その後、18世紀にはバロック様式のカトリック教会として修復された、
という珍しい歴史を持っているため、いろいろ混在しているところが面白い、
とのこと。



また、この場所は、ハンガリー出身の偉大な作曲家「フランツ・リスト」が、コンサートを行ったことがある、ということで、
日本の美智子皇后さまがハンガリーを訪れた際、30分しかない観光時間でどうしても行きたかった場所らしいです。





なんか、いろいろすごいですねヽ(´∀`)ノ




さてさて、街に戻ってトルテットパプリカを食べた後は、
ブダペスト市内を散策。



ところどころで開催されているクリスマスマーケットに立ち寄って、
「ホットワイン」なるものをいただきました(^∇^)


ホットワイン



まず、量が意外と多い 笑


そして、あまーい( ‘o’)




からのー、


街並みが、本当にキレイ!!!


ブダペスト街並2


ブダベスト街並4


どこを見ても、


「うわー、すげー」


と言ってしまう。。



中央市場!

ブダペスト中央市場



ブダペスト街並1



オペラ座!

ブダペストオペラ座



リストさんもいらっしゃいました!

リスト



このあたりはカフェもおしゃれなところが多いです(* ´ ▽ ` *)


せっかくなので適当にカフェに入ってみました。


ブダペストカフェ1


うぉー、しゃれおつー.゚+.(・∀・)゚+.



ハンガリー語のメニューが読めないため、
メニューの一番上のものが普通のコーヒーだろうと注文したところ、、、



ブダペストカフェ2


めちゃくちゃ濃いエスプレッソでした(つД`)ノ


どうやらこちらではエスプレッソが主流のようです(つД`)ノ


まぁ、美味しいのでいいのだけども、
濃いー(つД`)ノ





そして、夜は船上レストランでビールを飲みつつ食事した後、
ドナウ川クルーズへ出発!!



ドナウ川沿いの風景は、
アンデルセンが「僕は詩人だけど、この美しさを形容することばを知らない」
と評したほどの美しさというだけあって、
まさに絶景でした+゚。*(*´∀`*)*。゚+


世界一美しい国会議事堂も、

ドナウ川クルーズ1


ドナウ川からのぞむ「くさり橋」も、

ドナウ川クルーズ2


すべてが感動でした!!!
※寒かったことを除けば 笑


がっつりブダベストを満喫して、
次の日はスロバキアのブラチスラヴァへ!!!



次回へ続く!
[ 2015/12/13 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。